クチコミできいたこの資格~ファッションデザイナー

今、ネット上のクチコミで、評判になっている資格があります。それが、日本デザインプランナー協会認定のファッションデザイナーの資格です。

ファッションデザイナーとして、独立して起業しようと思ったら、身につけておかなければならないことがたくさんあります。通常、アパレル企業のデザイナーだったら、企画立案と、デザインを描くこと、あとは、工程の管理が大きな仕事でしょうか。量産用の仕様書の作成ってゆうのもありますね。

独立するのであれば、その全てが出来るようにならないと、際立った作品は作れないでしょう。具体的には、裁断、縫製という技術を見につける必要があります。職人任せではだめです。自分で理解を深めておかないと、どこまでのことが、デザインとして可能なのか、判断がつかなくなります。際立ったラインを表現しようと思ったら、必要になってくる能力です。もちろん量産する場合は、他人にお願いすることになりますし、いつもすべてを自分でやる必要もありません。時間的限界が生じることでしょう。

あとは、経営者としての視点を常にもつことが必要です。自分の個性を前面に出しすぎると、市場の要求するものとずれてしまう場合が多くなります。クリエイターとしての個性と販売者として要求されるものと、丁度良い折り合いをみつける能力が必要になってきます。

独立起業する前に、技術的なことはもちろん、経営に関しても学んでおく必要がありますね。社交性も大切です。新しいブランドを立ち上げるということは、あなたという人間をよく売り込んでおかないと、ブランドとして成り立ちません。あなたが魅力的な人間であったら、お仕事相手も、その作品を信用し、評価してくれる可能性が高くなります。反対の場合は、そんな得体のしれないブランド扱ってくれませんよね。

そこで資格も重要。ファッションデザイナーの資格取得をおすすめします。資格は目に見える信用になります。勉強には諒設計アーキテクトラーニングの通信講座がよいでしょう。努力次第で最短二ヶ月で資格取得までたどり着けます。

ぜひこの資格を活用して、夢の独立起業を実現させてください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です